育脳・ベビーマッサージ

  1. ワンネスキッズクラブ
  2. 育脳・ベビーマッサージ
  3. 本当は年に4回ある?!節分

本当は年に4回ある?!節分

今は、立春の前日(2月3日ごろ)のことだけを主に指しますが、節分とは「季節の分かれ目」という意味で、本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指し、実は年に4回もあるそうです。

そして節分といえば「豆まき」ですよね。しかしそもそもなんで「豆まき」をするのでしょうか。これは新春に向け、悪いことを引き起こす邪気や冬の寒気を払うため。そしてその象徴が「鬼」というわけなのです。昔から鬼に宿った霊力を、豆を魔物の目(魔目)に投げつけると魔を滅する(魔滅まめ)ことができると考え、豆をまくようになったと言われています。今では家族みんなで豆をまきますが、本来豆まきをするのは、一家の主か、年女・年男、厄年の人だそうですよ。

さて、冒頭でも節分で追い払う鬼は、邪気や冬の寒気の象徴、ということをお伝えいたしました。人の力ではどうにもならない災害や病などは鬼の仕業とされたため、新年の幸福を願い、節分に鬼を払うようになったそうです。そんな悪者の鬼ですが、良い話もあるみたいですよ。日本古来の鬼は、人々に頼りにされる存在が多いのだとか。

鬼が悪者になったのは、豆まきのルーツである中国伝来の「追儺(ついな)」や鬼やらいに由来すると言われています。そして鬼が出入りする「鬼門」が丑寅(北東)の方角にあるとされているため、鬼の姿をウシとトラで表すようになりました。そういえば「鬼」と言えば、トラ柄のパンツ、ウシの角、トラの牙を持っていますよね(笑)こちらは「鬼門」に住んでいて、丑寅の時刻(真夜中)に丑寅の方向(北東)からやってきますよ。

節分の食べ物と言えば「恵方巻」も有名でしょう。福を巻き込んだ巻きずし一本を、恵方→その年の縁起の良い方角で、年神様がいる方角)を向いて、願いごとをしながら、無言でまるかぶりをします。全国的にもメジャーになっている風習ですが、実は関西発祥の比較的新しい風習です。ちなみに今年の恵方は「南南東」だそうですよ。

さて、最後は豆まきの仕方です。
これは、地域によっていろいろな方法があります。一般的には節分の夜、窓を開けて「鬼は外!」と外へ向かって豆をまき、鬼が戻らないようにすぐ窓を閉めてから「福は内!」と室内にまきます。奥の部屋から順番に、最後は玄関までまいて、家じゅうの鬼を追い払いましょう。

最後に日本には様々な行事がありますが、そのほとんどが「家族みんなで行うもの」ばかりです。毎年その時期になると同じ行事が繰り返されることで「去年はこんなことをしたよね」なーんて、思い出話にも花が咲きます。ぜひこれからも、子供たちと一緒にこういった「風習」を大切にし、家族みんなでの思い出を増やしながら大人になっていってもらいたいものですね。